Google

Yahoo! JAPAN



薬剤師さんについてもっと知ろう!

薬剤師が転職する際に、希望する求人の条件は人それぞれです。土日は休みたい、定時で上がりたい、駅近の職場がいい…などなど。希望する条件で転職をしたい方はリクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師などのコンサルタントがいる求人サイトの利用をお勧めします。

コンサルタントがあなたの条件にマッチした求人を提案してくれます。求人紹介以外にもサポート体制が整っているので、ぜひお使いください。

ウェブデザイン(Web design)は、デザインの一種。ウェブページやウェブサイトにおける視覚面(意匠・要素配置等)に対し、整理・再構築・意匠等を施すことである。グラフィックデザイン的な要素を多く含む一方で、インタラクティブな要素を持つWWW(ウェブ)の性格上、情報デザインあるいは工業デザイン的なスキルも求められる。ウェブデザインを行うデザイナーを、ウェブデザイナーと呼ぶ。 ウェブデザインの内容は、ウェブサイト全体の情報設計、見た目を中心とするグラフィックデザインやGUIの設計、ウェブアプリケーションのUI設計構築など多岐に渡る。

世界最初のウェブデザイナーはティム・バーナーズ=リーであったと言える。彼はWWWを発明し、1991年に世界初のウェブサイトを立ち上げた。 CGIが発明されたことで、WWWは大きな転機を迎える。それまではウェブサイト作成者が発信した情報を閲覧者が受け取るだけであったWWWという世界に、CGIは双方向性のあるコミュニケーションをもたらした。そのことによってウェブデザインもまた大きな転機を迎えた。 また、インターネット接続環境の進歩もウェブデザインに大きな影響を与えてきた。ダイヤルアップ接続が一般的だったころには、通信料金を考慮し、画像の使用をも極力控えてデザインがなされた。インタレースGIFやプログレッシブJPEGもナローバンドに対応した画像ファイルフォーマットであった。動画においても比較的サイズの小さいアニメーションGIFが用いられた。しかし、ADSLやFTTHなどのブロードバンドが普及してからは、ファイルサイズを気にすることなく大胆に画像や動画を使用することが可能となった。その結果、ウェブデザインの幅は更に広がった。 Flashをはじめとするリッチクライアントの登場により、リッチで高機能なウェブデザインも増えてきている。

ウェブページは、ユーザのブラウザのウィンドウによりデザイン領域を制限されている。その中でどのようにレイアウトするかがひとつの課題である。 多くのデザイナーは、ウェブページ全体を固定幅のテーブルで包むことでこの問題を解決している。これによりデザイナーはブラウザのウィンドウサイズに左右されず、イメージ通りの表示結果を得ることができる。例えば、Yahoo! JAPANのトップページは幅710pxのテーブルの中でレイアウトされている(2006年5月現在[1])。これは最低横800px×縦600pxのディスプレイで最適に表示されるようになっている。 しかし、レイアウト幅を固定することは、ユーザの選択を無視することにもなる。そこで、幅を固定しないレイアウトを用いることもある。固定しない場合、ウェブページのサイズはブラウザのウィンドウサイズに合わせて自動的に整えられる。例えば、ウィキペディアのこのページはその手法がとられている(2006年5月現在)。 デザイナーがどのレイアウトを使用すべきかは、文字の量や画像の多寡にもよるが、アクセスするユーザの利便性を考えて決めるべきである。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




Copyright (C) 2010-2013 ウェブデザイン リンク集 All Rights Reserved.

40歳からの医師による転職事情 リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4