Google

Yahoo! JAPAN


40歳からの医師による転職事情

医師による転職目的は、医師により異なりますが、40歳を言う年代を迎えた医師のみなさんは、多くが勤務先においても重要なポジションについていると考えられます。 40代医師と言えば、医療の場でも最先端で活躍をしている、という事が考えられますが、そんな医師の中にも現状に不満もしくは疑問を持つ医師も多い。

このような40代医師による悩みの中には、今置かれているポジション、状況が医師としての自分に最適なのか?という部分や現在組織に在籍しているものの、果たして数年後にはどのようになるかが不安だという悩みを持つ医師も存在します。 又、医師個人はいずれ開業を考えているが、日々の業務に追われ将来的な事までこのままでは考えられないという悩みを持つ医師も多い。 医師の全盛期とも言われている40歳医師の転職には、こうした悩みがあげられるようです。

しかし、医師も40歳で転職を果たすということになると、当然リスクも伴う事が考えられ、それは30代よりも厳しくなると考えられます。 40代と言えば、家庭を持ち、子供にかかる教育費や幾つかのローン等も考えられ、いわば一番お金がかかる時期でもありますので、やはり現状を変える事となる転職となると、その行動を起こすには、勇気がいります。

そもそもこの年代の転職には、転職という目標を持つことにより、もしかすると経済的な基盤を失うかも?という恐れがありますから、40歳医師、尚且つ今現在最先端の場で活躍する医師にとっての転職は非常に悩むところでもありますが、受け入れる側である医療機関、企業等は、若い医師よりも30代以上の即戦力を備えた意思を求める声が非常に多いため、40歳で実力、経験の備わる医師の転職には、それを求める企業も多いと考えられます。

要するに、40代で転職を迷われている医師のみなさんを求める声が非常に多く、医師を受け入れる企業もしくは病院にとっても医師にとってもプラスに働く転職にする事により、医師には、待遇の良い転職となり、企業、病院等にとっては利益になるということで、40歳以降の転職は、難しい選択ではなく、求める場も非常に多いという事なのです。

ただ、やはり医師個人としては、40歳も過ぎると、色々な面におけるリスクが非常に心配となり、しり込みしてしまう傾向にあるようですが、医師として、今の医療の場は自身の求める場ではないと考える場合、迷わず転職を検討すべきと思います。 ただし、医師のための転職を果たす、医師の理想を実現するためには、医師業界に特化した転職エージェントの利用は検討すべきと思います。

社医 募集 医師のお仕事辞典 | 医師転職・医師求人紹介のリンクスタッフ



Copyright (C) 2010-2013 ウェブデザイン リンク集 All Rights Reserved.

40歳からの医師による転職事情 リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4